今月のお客様インタビュー

Y様が新築されたのは、平屋のお住まい。それは、ご家族が生涯を安心・安全・快適に過ごされる家として、お考えになった末の結論でした。パナホームは、そんなご夫妻にぴたりと寄り添いながら、暮らしの夢を住まいに描き出すお手伝いをさせていただきました。
今から1年程前のことです。商談中、当社のスタッフに、Y様のご主人が告げられました。「数年前に交通事故に遭ったので、もしかすると、年を取ってから階段の昇り降りが辛くなるかもしれません」。
それを受けて、当社の設計担当は答えました。「それなら、2階建ての計画を見直して、平屋でお考えになってみてはいかがでしょう。幸いY様の敷地は広くゆとりがありますし、階段部分のコストやスペースが不要になるというメリットもありますよ」。
この言葉を耳にされた奥様は、「それまで2階建ての計画で何枚か図面を作ってくださったうえに、こんな提案までしてもらえるなんて…。しかも、まだ契約もしていないのに…」と驚かれました。
これが、Y様のご新居の計画が平屋に変わり、ご夫妻のパナホームへの信頼が確かなものになった瞬間でした。「私達の立場で、真剣に将来の暮らしまで考えてくれている。お願いするならパナホームしかないと、その時に確信しました」。
こうして、Y様は当社で建築することを決められたわけですが、お二人は実は8年前からパナホームのアパートにお住まいでした。そして、このご縁が、当社独自のポイントシステム「MAX150」の特典の活用へと繋がりました。
「MAX150」とは、パナホームのアパートに暮らすだけでポイントが貯まるシステムで、そのポイントは、当社で戸建住宅を新築したり中古住宅を購入したりする際に、費用として最大150万円まで充当できます。
Y様は長期間パナホームのアパートにお住まいだったので、多くのポイントを獲得されていました。「8年前に偶然選んだパナホームのアパートが、こんな特典に繋がるなんて思いもよりませんでした(笑)」。
プランニングやインテリアの選定にあたっては、展示場へ行かれたりショールームを訪問されたり、精力的に行動されたY様ご夫妻。住まいづくりに深く関わられただけに、満足度は100%以上だそうです。「住むほどにこの家が好きになっていきます」と奥様。一方、ご主人は「イメージ通りの新居が完成して幸せです」。
そんなご夫妻は、これから外構に取りかかられる予定だとか…。どんな庭ができるのでしょうか、完成が待ち遠しいですね。

Y様のご新居。「備えあれば憂いなし」の考えで、2階建てから平屋の住まいへ計画変更されました。

掘りごたつのある畳コーナー。イメージソースは奥様のお祖母様の家だそうです。

広い玄関はご主人のリクエスト。壁面のウッドタイルがおしゃれです。

Y様のご家族。バイタリティ溢れる奥様は、積極的に子育て交流活動に関わっておられます。

加藤千佳(設計)・西嶋佳樹(工事)・井上友明(営業)(写真左から)

お施主様の夢を叶えたいと、私達は常に心から願っています。Y様邸のように、たとえ2階建てで計画を進めていても、変更が必要と思われたり、それがベターだと考えれば、躊躇せずに新たな提案をさせていただきます。それが信頼のプランド=パナホームの住まいづくり。私達の自負するところです。

分譲宅地&分譲住宅ギャラリールネッサンス或る二世経営者のホームページNPO法人 志澤塾
居宅介護支援サービス「フラワー居宅介護支援事業所しかま」訪問介護サービス「ヘルパーステーションはなはな」サービス付き高齢者向け住宅「ケアビレッジ飾磨高町」