今月のお客様インタビュー

いずれはご主人のご実家の敷地内にマイホームを…とお考えだったT様は、ご長男が小学校に入学されるまでに、ご新居を建築されることをご決断。予備知識ゼロからのスタートでしたが、「ぶれないこと」を信条に、見事にご希望に適うお住まいを実現されました。
住まいづくりをお考えになるにあたって、T様は3社を依頼先候補としてピックアップされました。「ブランド力のあるハウスメーカー2社と低コストの地元の工務店1社を選出し、展示場巡りをスタートしました」とご主人。
こうして、T様ご夫妻は、パナホームの展示場『あめにてぃ倶楽部・姫路』に足を運ばれました。初回の面談でT様から概要をお聞きしたパナホームは、まず建築候補地の測量をご提案。そして、その準備をしているところで、登記簿と公図が一致しないことが判明したのです。
当社のスタッフは迅速に対策を講じ、T様の大きな信頼を得ることとなりました。「私も妻も最初からパナホームには好印象を持っていましたし、この一件で、さらに他社をリードした感じになりました。でも、一生住む家ですから、とことん納得がいくまで、何があっても結論は出さないつもりでした」。
ご主人はその後も変わらぬスタンスで、3社のプランと価格を綿密に比較検討していかれました。
プランニングにあたって、パナホームでは、T様のご要望を細かくお聞きし、基本図面を作成。それを元に、何度もキャッチボールを行いました。その中でT様のご新居に対するイメージも次第に明確になり、機能的な家事動線や充実の収納、ゆとりの玄関などを盛り込んだプランができあがっていきました。
また、打ち合わせを繰り返す内にご家族との交流も深まり、「いつの間にか、私も子供達もすっかりパナホームファンになっていました。特に長男は『また展示場に行きたい』と言うようになってしまって…(笑)」と奥様。
さて、パナホームとの出会いから2ヶ月後、遂にご主人は結論を下されました。「価格だけなら、他社の選択肢もありました。しかし、妻の思いが強く、私もスタッフの皆さんの人柄や対応の良さ、担当者の誠心誠意な姿勢に心を動かされ、『パナホームこそ一生の家を任せるのにふさわしい』と判断しました」。
ご新居で暮らされて約1年。ご主人は、「家の存在を意識させない自然な快適さ…とでも言うのでしょうか。これが真の素晴らしさだと思います」。
終始、強い意志で住まいづくりに臨まれ、最後まで妥協されなかったT様。それが成功への原動力となりました。

T様のご新居。ライトブラウンのキラテックタイル外壁と混ぜ葺き瓦のコーディネートが、優しい表情を演出。

ダイニングキッチンは奥様のお気に入り。随所にきめ細やかな工夫が凝らされています。

玄関とリビングの2方向からアクセスできる和室。収納も充実しています。

T様のご家族。「広くて気持ちがいいと子供達も大喜び。パナホームを選んで良かったです」。

木村典嗣(工事)・藤木信孝(営業)・野村亮二(設計)(写真左から)

新人が担当営業になり、最初はT様も不安に思われたようですが、ベテランスタッフのバックアップと各部署との連携で信頼を得ることができました。建物の品質とチームワークの良さ、お客様本位の姿勢は私達の強みですが、T様の住まいづくりでも、十二分に発揮することができました。

分譲宅地&分譲住宅ギャラリールネッサンス或る二世経営者のホームページNPO法人 志澤塾
居宅介護支援サービス「フラワー居宅介護支援事業所しかま」訪問介護サービス「ヘルパーステーションはなはな」サービス付き高齢者向け住宅「ケアビレッジ飾磨高町」