今月のお客様インタビュー

絶好の土地が売りに出されたのをきっかけに、当初の予定より早く、住まいづくりに臨まれたK様ご夫妻。20歳代前半という若さでのビッグチャレンジでしたが、見事に夢を叶えられ、ご新居では幸せな家庭づくりへの未来が広がっています。
ご結婚後、K様ご夫妻は賃貸アパートで暮らされていました。しかし、若いお二人にとって、毎月の家賃はなかなかの負担。また、資産として何も残らないことから、住まいづくりを考えられるようになりました。
ところが、実際に建てるとなると、資金面でのハードルがとても高く感じられたそうです。「就職して2年目だったので、勤続年数が少なく、ローンが組めるのかどうか、組めても返済していけるのかどうか不安でした」とご主人。
そんな時、願ってもない土地が売りに出ました。その土地はご主人のお父様の家とお姉様ご夫妻の家の間にある土地で、これを機に、K様の住まいづくりは一気に動き出しました。
「姉夫婦がパナホーム兵庫で家を建てたばかりで、『とにかく相談してみては…』と担当者を紹介してくれたんです」。それから程なくして、当社の担当者はK様ご夫妻とお会いし、意気投合。「担当の方が気さくで話しやすく、初めて会ったにもかかわらず、3時間も話し込みました。ほとんど雑談でしたが、その時に信頼が生まれたように思います」。
その後、K様は当社をパートナーにご指名。「姉の家を見てパナソニックホームズの良さを実感していましたし、スタッフの対応も素晴らしかったので、パナホーム兵庫で話を進めることにしました」。
正式に依頼を受けたパナホーム兵庫は、すぐにライフプランニングを実施。ご夫妻の将来にわたる暮らしの収支を詳しくシミュレーションし、無理なく返済できるように計画を立案しました。
一方、プランニングに関しては、「世界にひとつしかない我が家を創りたい」というご夫妻の意向に沿って、お二人の感性やライフスタイルを細かくリサーチし、プランをご提案しました。K様はこの案をとても気に入られ、これをベースに詳細が固まっていきました。
さて、そんな工程の中で、奥様が大活躍されました。外壁・内装の壁・床・天井から設備まで、ご自分でカラーコーディネートされたのです。「悩みながらも大いに楽しみました。夫と意見がぶつかることもありましたが、私の好みを通しました(笑)」。
こうして、ご新居は今年の3月に完成。「初めての住まいづくりでしたが、面倒なことは全てパナホーム兵庫にお任せだったので、それほど大変ではなかったです」と笑顔で話されるK様ご夫妻。良い家を早く建てて、永く住む――。そんな理想を、お二人は見事に叶えられました。

今春に完成したK様のご新居。ミルキーホワイトのキラテックタイル外壁が、優しいイメージを醸し出しています。

開放感のあるLDK。リビング・ダイニングの外には、多目的に使えるサンルーム仕様のウッドデッキを設置。

リビングに繋がる和室。間仕切りを閉めると、独立した空間に…。

若くしてマイホームを実現されたK様ご夫妻。ご新居で快適な暮らしを満喫されています。

野村亮二(設計)・西嶋佳樹(工事)・山口裕章(営業)(写真左から)

住まいづくりのチャンスが訪れても、「まだ若いから」と諦めてしまわれる方も多くおられます。しかし、K様は機会を逃さず、無理なくご新居をお建てになりました。若いお二人の夢を叶える後押しができて、スタッフ一同、とても嬉しく思います。お若くても、住まいづくりは可能です。まずは、私達にご相談ください。

分譲宅地&分譲住宅ギャラリールネッサンス或る二世経営者のホームページNPO法人 志澤塾
居宅介護支援サービス「フラワー居宅介護支援事業所しかま」訪問介護サービス「ヘルパーステーションはなはな」サービス付き高齢者向け住宅「ケアビレッジ飾磨高町」