トップページ>お客様インタビュー>今月のお客様

今月のお客様インタビュー

ご新居建築を決断され、依頼先を検討中だったN様は、ある日、お友達のT様のご新居に招かれることに…。それがパナホームとの出会いとなり、N様の住まいづくりを決定づけることになりました。決め手になったのは、ハード・ソフト両面にわたる安心感でした。
「ご新居を訪れた際に、私達の住まいづくりがなかなか進んでいないことを知り、Tさんが『それじゃあ、パナホームに相談してみてはどう?今度、展示場に連れて行ってあげるから』と申し出てくれたんです。とてもいい家だなと感じていたので、お言葉に甘えました」とN様。
それからしばらくして、N様ご夫妻は、T様ご夫妻と共に『あめにてぃ倶楽部・姫路』にご来場。T様と同じ営業担当が窓口となり、パナホームの住まいづくりについてのご説明や、ご要望等に関するヒアリングを行いました。
この時、ご主人はパナホームに対して好印象を持たれたそうです。「他社には頼りないと感じる営業が多かったのですが、パナホームの担当者は経験も知識も豊富で、ちょっと違っていましたね。私が家に一番に求めたのは安心&安全でしたが、耐震性や耐久性についての説明がとてもわかりやすく、信頼が置けました」。
さて、N様の住まいづくりにおいて、最大の課題となったのが土地探しでした。N様は新しい分譲地を希望され、パナホームでもいくつかの候補地をご案内しましたが、どれもご夫妻のご要望にぴたりとは合わなかったのです。
そんな中で、最有力だったのが現在の敷地でした。南東角の好区画で、ご主人の通勤にも便利。しかし、ご夫妻は河川が近いことを懸念されました。「高砂は水害が多いので、なんとなく避けたかったんです」とご主人。
しかし、後日、N様が現地を見に行かれ、状況は一変。「造成工事が完了していて、思っていたより明るい印象でした。それに市が水害ゼロを目指して河川工事を進めていることも知り、大きく心が動きました」。
こうして、N様はパナホームでご契約。昨年の9月にご新居は完成しました。「結果的に、家にも土地にも大満足です」と満面笑顔のご夫妻。T様からN様へ、信頼と喜びのバトンがしっかりと渡りました。

N様ご一家。「以前住んでいた社宅が古くて寒かったため、新居はひときわ暖か。とても快適です」。

白とライトブラウンを基調にした、明るく開放的なリビング。ご夫妻のお気に入りスペースです。

N様のご新居。ベージュのキラテックタイル外壁が、上品で落ち着いた印象を醸し出しています。

T様(加古郡)
N様とは奥様同士が幼なじみで、とても仲良しだそうです。


マイホームを検討中だったNさんから、「住宅展示場で応対してくれる担当者が若くて頼りない」という不満を聞いたので、それなら私達が建てたパナホームに相談してみてはどうかと…。営業担当はベテランでしたし、設計士さんも頼りになる方だったので、自信を持って紹介しました。
勧めたポイントは、キラテックタイル外壁と、小さなことにも真剣に耳を傾け、対応してくれる姿勢。また、資金相談も安心して任せられると伝えました。
一緒に展示場へ行ったのですが、Nさん夫妻は「担当者が頼りになる方で良かった」と、とても喜んでくれました。また、奥さんはキラテックタイルにすごく興味を持ち、「いつまでもきれいな家っていいよね」と、感心していたのが記憶に残っています。
私達が気に入っているからこそ紹介したのですが、その良さが伝わり、気に入ってもらえて、とても嬉しいです。

営業担当の穴手と、設計を担当した宮本(写真左から)。


今月のお客様インタビュー

今から3年ほど前に、ご新居を建てられたO様。初めは木造系メーカーで話を進めておられましたが、お兄様ご夫妻のご満足をしっかりとお感じになり、最終的にパナホームをご選択。ご家族のご要望を満載した、個性あふれる素敵な住まいを実現されました。
O様ご夫妻は、当初、ある木造系メーカーで住まいづくりを検討されていました。「木の温もりを感じられる家に憧れていたんです」と奥様。ご主人も、「兄はパナホームにとても満足していると聞いていましたが、満足の尺度は家族によってまちまち。私達は木造系がいいなと思っていました」。
お兄様は、そんなご夫妻のお考えを尊重し、敢えてパナホームを推すことはされず、住まいづくりの参考になるような情報だけを提供されていたそうです。
さて、そうこうするうち、お兄様とのつながりもあって、パナホームでもO様のお話を伺うこととなりました。ご夫妻のご要望をお聞きしたところ、当社の営業担当は「パナホームでも必ず叶えられる」と確信し、色々なご提案をさせていただきました。
そんな中で、O様は商談中だった木造系メーカーとの違いを認識されていったそうです。「某社は計画の細部が曖昧だったり、契約を急ぐような場面があったりしましたが、パナホームの担当者は、常に私達の目線でじっくり丁寧に考えてくれました。兄の満足が少しずつ伝わり、自分のものになっていったという感覚です」と、ご主人は当時を振り返られました。
一方、奥様の気持ちにも大きな変化が…。「木の温もりは内装や建具で十分に叶えられますし、対応の良さはパナホームが格段に上だったので、迷う余地がなくなってしまいました(笑)」。
こうして、O様は、住まいづくりのパートナーにパナホームをご指名。バーベキューテラスを設ける、ご主人愛用の大型バイク・ハーレーの専用車庫を作る、リビングは客間を兼ねた和室付きにする、軽快な家事動線を実現するといったご要望をしっかりと盛り込みながら、平成26年2月にご新居は完成しました。
「パナホームを選んで大正解でした。兄の満足を実感しています」と、満面笑みのO様ご夫妻。お住まいになって3年が経ちますが、お二人は今もなお、「最高に満足!」だそうです。

O様ご一家。「新しい家に住んで3年になりますが、快適そのもの。心から満足しています」。

来客時に視線が外れるよう、キッチンは少し奥に配置。窓の向こうがバーベキューテラスです。

起伏のある、彫りの深い外観が印象的なO様のご新居。写真左手前が大型バイクを格納する特注の車庫です。

O様(姫路市)
O様のお兄様ご一家。ご夫妻もパナホームにとても満足されています。


私がパナホームで家を建てたのは、両親がリフォームでお世話になり、その時の対応がとても良くて、信頼できたからです。
プランニングにあたっては、ビルトインガレージをはじめ、色々とこだわったリクエストをしましたが、要望はしっかりと叶えられました。結果として、今でも全く不満はありませんし、自信を持って勧められるメーカーです。
でも、弟が新居を検討していると聞いた時、自分達なりの考えがあるようだったので、無理に勧めず、私が本当に満足していることや、担当者が親身になって相談に乗ってくれる点をそのまま伝えました。
両親・私・弟とお世話になりましたが、皆が十分に満足&納得しているのは、やはりパナホームに実力があるからだと思います。そして、それを支えているのは、営業・設計・工事各担当者の対応の良さとレベルの高さではないでしょうか。

ご兄弟の住まいづくりを担当した営業の大前。


分譲宅地&分譲住宅ギャラリールネッサンス或る二世経営者のホームページNPO法人 志澤塾
居宅介護支援サービス「フラワー居宅介護支援事業所しかま」訪問介護サービス「ヘルパーステーションはなはな」サービス付き高齢者向け住宅「ケアビレッジ飾磨高町」