トップページ>お客様インタビュー>今月のお客様

今月のお客様インタビュー

子育てに向けて、住まいづくりを決断されたA様。業者選びでは、安心と快適を求められ、パナホームを指名いただきました。ご主人いわく「パナホームは住宅のレクサス」。上質なゆとりを日々実感されながら、広がり続ける暮らしの夢を思い描いておられます。
住まいづくりにあたって、A様はパナホームの展示場『あめにてぃ倶楽部・やしろ』を訪問されました。「ショッピングセンターに行く途中にあって、以前から気になっていたんです」。
展示場をご覧になったご夫妻は、「思った通りの家でした。趣がシックで、とても気に入りました。また、担当の方も好印象で、その日からパナホームが最有力候補になりました」。
それから間もなくして奥様は出産を迎えられ、A様の住まいづくりは一時中断となりました。しかし、その間に、ご夫妻の心境に変化が生まれました。「将来の返済のことを考え、慎重になって、低コストの建て売り住宅の購入を検討し始めたんです」とご主人。
「でも、その後、パナホームの完成現場見学会に行って、迷いが吹っ切れました。車に例えれば、パナホームは高級車のレクサス。軽自動車とは安全性や快適性が格段に違います。大きな買い物だからこそ妥協せず、品質の確かなパナホームで、自分達が望む家を建てるべきだと悟りました」。
こうして、A様の住まいづくりは、土地探しへと進みました。しかし、ご夫妻のご希望に適う物件は、なかなか見つかりませんでした。そんな折、営業担当が「これは!」という空き地を探し出しました。ご夫妻もその土地をとても気に入られましたが、広さが約100坪もあり、費用が膨らむことを懸念されました。
そこで、パナホームでは、専門家によるライフプランニングを実施。ご家族のライフステージに合わせて様々な可能性を想定し、細かい試算を行ったのです。そして、無理なく返済可能という結果に至り、ご夫妻の不安も解消し、その土地での建築を決定されたのでした。「パナホームは家を建てるだけでなく、人生まで設計してくれるのだと、さらに信頼が深まりました」と奥様。
「プランニングにあたっては、現状でできる全てを盛り込みました」とおっしゃるA様。それだけに、完成したお住まいには大満足。「でも、楽しみはまだまだ続きます。庭づくりやガレージのグレードアップや離れの増築など、これからの構想を二人で図面に描き込んでいます。我が家は夢を与えてくれる家、成長する家なんです」。
A様にとって、ご新居の完成はゴールではなくスタート。暮らしの夢は、果てしなく広がっているようです。

A様のご新居。ブラウンのキラテックタイル外壁が、シックなイメージを演出。

アイランドキッチンは奥様のリクエスト。「希望通りのキッチンになりました」。

間接照明を採り入れたおしゃれなLDK。パナホームの三木展示場を参考にされました。

A様のご家族。「将来どんな風に手を加えるか、今から色々と楽しく考えています(笑)」。

西嶋佳樹(工事)・大濃佳和(営業)(写真左から)

住まいづくりは、建築費だけでなく、メンテナンスを含めたランニングコスト、そして、お金で買えない安心・安全・快適を考えねばなりません。A様も費用面で迷われた時期がありましたが、心から納得のいく住まいとしてパナホームをお選びいただきました。生涯を通して満足いただける住まいこそ、私達の願いです。


今月のお客様インタビュー

タイミングを逃さず、効率的なリノベーションを実施。
21年前にパナホームで建築されたM様のアパート『エーデルハイム』。これまで入居状況は順調でしたが、最近、相次いで空室が発生しました。その打開策として、パナホームではリノベーションをご提案。M様はその内容に大いに期待され、手始めに1戸を実施されました。
娘さんの信頼が後押し。
M様が『エーデルハイム』をお建てになったのは、その内の1戸を娘さんのご結婚後のご新居にすることが大きな目的でした。
それは奇しくも阪神淡路大震災の翌年で、加古川方面の入居需要が高まっていた時期でもありました。そのため、完成後は瞬く間に満室になり、空室が出てもすぐに埋まっていました。
ところが、そんな状況に変化が出てきました。この9ヶ月の間に、全8戸のうち3戸が立て続けに空いてしまったのです。しかも、一番早く空いた1戸は、早々にリフォームを行ったにも関わらず、入居者が決まらないままでした。「今までこんなことはなかったので、どうしたらいいのか不安になりまして…」とオーナーのM様。
そんな時、ちょうどパナホームのリノベーション担当者が、M様をご訪問。空室の原因は、周囲の新築物件の増加によることが明白だったので、それに対抗できる最善策として、担当者は即座にM様にリノベーションをお勧めしたのです。
2ヵ月で入居済みに…。
パナホームのリノベーションは、周辺の賃貸市場を細かく検討し、賃料設定を鑑みながら、入居者のニーズに合った間取りやインテリアに一新するものです。さらに、中途借り上げシステムにより、一定期間、家賃収入も保証します。M様は当社の提案に期待を膨らまされ、まずは1戸での実施を決められました。
『エーデルハイム』の間取りは2DK、コンパクトなダイニングキッチンに和室と洋室というものでした。そこで、パナホームでは、現在のトレンドである1LDKタイプへの間取り変更を中心に、ウォークインクローゼットの設置、キッチンと洗面の入れ替え、トイレのリニューアルなどを実施しました。
また、LDKには、空間の広がりを感じさせると共に、若い感性に訴えるデザインのアクセントクロスを採用。さらに、壁面に鞄や小物を気軽に掛けられる格納式のフックを設けるなど、工夫を凝らし、できるだけコストを抑えて、差別化を図りました。
工事を終えたばかりの1戸をご覧になったM様は、「私自身が住みたくなるような部屋に生まれ変わりました。これなら十分に魅力的ですね」。M様は、リノベーションの可能性を強く実感されたようでした。

オーナーのM様。「今回のリノベーションで、心配が一つ解消されました」とお喜びです。

和室とDKを一つにして生まれたLDK。壁のアクセントクロスがポイントです。

入れ替えて新しくなったキッチン。見栄えも使い勝手も大きく向上しました。

M様のアパート『エーデルハイム』。スーパー・学校・公園などが近くにあります。

三田敦士(設計)・伊藤圭祐(営業)・福井 健(工事)(写真左から)

建ててからある程度年数が経った時に、周囲に新築の競合物件が増えてくると、どうしても空き期間が出てしまいがち。そこで、対応策として挙げられるのがリノベーションです。パナホームのリノベーションは、M様のように1戸からでも可能。空室解消の切り札として、自信を持ってお勧めします。

分譲宅地&分譲住宅ギャラリールネッサンス或る二世経営者のホームページNPO法人 志澤塾
居宅介護支援サービス「フラワー居宅介護支援事業所しかま」訪問介護サービス「ヘルパーステーションはなはな」サービス付き高齢者向け住宅「ケアビレッジ飾磨高町」