トップページ>お客様インタビュー>今月のお客様

今月のお客様インタビュー

ご主人のご実家の敷地内に、ご新居を建てられたS様。ご結婚の時から、いずれはご両親の元に戻られることが決まっており、その時期が訪れたのでした。そして、パートナーに選ばれたのはパナホーム。当社との信頼関係が、ご満足のいく住まいづくりに繋がりました。
三木市郊外の田園地帯にある大きな農家の敷地内。どっしりとした日本家屋の母屋の横に建つモダンなタイル張りの家が、S様のご新居です。「元々はここに納屋があったんですが、それを解体して新居を建てました」とご主人。
さて、S様の住まいづくりは、平成26年の末に始まりました。当時、S様は神戸市北区のアパートにお住まいで、賃貸契約が残り一年余りとなったことや、消費税が増税される公算が強くなってきたことから、建築を決意されたのでした。
業者選びにおいては、「住まいづくりに関する知識がほとんどなかったので、有名なパナホームとS社を見てみることにしました」。
こうして、S様は最初にパナホームの三木展示場をご覧になり、その後S社の展示場を見学されましたが、対応に大きな差があったとか…。「説明の丁寧さや親身さでは、断然パナホームが上でした。後に同じ条件で見積りを出してもらったところ、金額もほぼ同じだったので、パナホームで建てることに決めました」とご夫妻。
S様のご新居に対するご要望は、ガス床暖房を採り入れることでした。冬の底冷えを母屋で実感されていたため、ご夫妻共に足元の保温を重視されたのです。
ところが、コンロに関しては、お二人の間で意見が分かれました。「掃除が楽なので、私はIHにしたかったんですが、中華鍋を振りたい主人は、ガスを希望しました。で、私が折れました(笑)」と奥様。逆に、外壁の色については、奥様が意見を通されました。「僕は白と黒のツートンが良いなと思ったのですが、母屋と合わないし、目立ち過ぎるということで、妻の意見を採用し、ベージュで統一することにしました」とご主人。
このように、ご夫妻は意見が合わない場合、とことん議論して結論を出されたそうです。「お互いに納得して建てたかったので、しっかり話し合いました」と、お二人は当時を振り返られました。
こうして、S様のご新居は平成27年の末に完成。そして、昨年秋には第一子が誕生し、大きな喜びが続きました。「新居ができてからで良かったです。順番が違っていたら大変でした(笑)」。
パナホームならではの快適性や機能性は、子育ての中で真価を発揮します。S様には、これからますます住みやすさを実感していただけるはずです。

S様のご新居。ベージュのキラテックタイルが風景に調和し、落ち着いた雰囲気を醸し出しています。

クロスが個性的なダイニングキッチン。奥の扉は洗面室に繋がっていて、家事動線も抜群です。

リビングと続き間の和室。扉を閉めれば個室となり、客間としても活躍します。

S様のご家族。昨年秋にはお子様が誕生し、ご新居での暮らしはますます充実の模様。

西嶋佳樹(工事)・島田 直(営業)・上田 渉(設計)(写真左から)

S様には、完成現場や社員の自宅など、実際の住まいをたくさんご覧いただきました。また、設備のショールームにお連れしたり、メーカーの専門スタッフを呼んで説明してもらったりもしました。確かで実感のある情報を努めてご提供したことで、完成後をイメージしてもらいやすくなり、ご満足に繋がったのだと思います。


今月のお客様インタビュー

築34年の木造家屋にお住まいのK様。時と共に家族構成やライフスタイルは変化していきましたが、建物は建築当時のままでした。そこで、K様は、お孫さんの誕生に合わせてリフォームをご決断。パナホームがお手伝いさせていただき、満点の住まいができあがりました。
「これまでほとんど手を加えてこなかったので、時間の経過と共に、住まいに対する不便や不満が募っていました。洗面脱衣場はとても狭くて不便でしたし、縦列で2台しか駐車できない車庫も、何とかしたいなとずっと思っていたんです」とご主人。
一方、奥様は、リビングと隔てられた窮屈なダイニングキッチンを一新したいとお考えでした。「ゆったり広々とスペースを取り、アイランド型のキッチンにするというのが憧れでした」。
さて、そんなK様ご夫妻が、リフォームを決心されたのは昨年初めのことでした。「仲良くしているお友達がパナホームでリフォームされ、とても羨ましく思っていたんです。そうこうするうちに、近くに住む娘が出産することになり、『ここは、孫の誕生を機にリフォームしよう。どうせなら、孫が産まれるまでに完成させよう』ということになったんです」。
こうして、K様はお友達を介してパナホームに連絡を取られ、お話は一気に動き始めました。
K様にとっては、これが初めての本格リフォーム。当社とのお付き合いも初めてなだけに、希望通りに仕上がるかどうか、ご夫妻は不安もお持ちでした。
そこで、設計担当者は綿密な打ち合わせを行い、お二人の趣味や嗜好、ライフスタイルなどを確実に把握しながら、計画を進めていきました。
「ありがたかったのは、打ち合わせを細かく分け、回ごとにテーマを絞ってもらえたこと。設備や建具、クロスや床の色など、毎回集中して検討できたので、結論が出しやすかったですね」とご主人。
さらに、形状や色など図面でわかりづらいところは、臨場感のあるCGを駆使して提案を実施。また、お友達のお住まいも、格好のお手本となりました。
こうして、K様邸のリフォームは昨年の9月に完成。それから一ヶ月後に娘さんが出産され、生まれ変わったご実家で、お孫さんとゆっくり静養されました。
「ここまで素敵になるとは思いませんでした。特にキッチンは使い勝手が良いですね。満足度は120%です」と笑顔の奥様。「隅々まで仕上げが丁寧で驚きました。補強工事で耐震性も大幅に向上し、安心です」とご主人。
姿を変えたお住まいで、お二人の暮らしは一層充実したものになることでしょう。

大規模リフォームを終えられたK様ご夫妻。新しくなったお住まいで、毎日を快適にお過ごしです。

奥様こだわりのアイランドキッチン。写真の左奥はトールパントリーになっています。

アールの扉が印象的な、シックな趣のリビング。写真の奥側は、以前は和室でした。

外構も一新。車庫は2台縦列から並列へ変更し、利便性も格段に向上しました。

西川侑那(設計)・竹丸逸人(営業)・山本 剛(工事)(写真左から)

K様邸のプランニングにあたっては、何度も細かく打ち合わせを行いましたが、「期待以上」とお喜びいただけたのは、ご夫妻のご要望をしっかり理解できたからだと思います。お施主様との良好なコミュニケーションこそ、成功の基本だと再認識いたしました。

K様邸のリフォームは、パナホーム兵庫のネットワーク企業「リフォーム兵庫」が担当しました。

分譲宅地&分譲住宅ギャラリールネッサンス或る二世経営者のホームページNPO法人 志澤塾
居宅介護支援サービス「フラワー居宅介護支援事業所しかま」訪問介護サービス「ヘルパーステーションはなはな」サービス付き高齢者向け住宅「ケアビレッジ飾磨高町」