住まいのお手入れテクニック 洗面・トイレ

毎日使う洗面室・トイレは、こまめなお手入れでいつも清潔に…。
1.洗面ボールやカウンターはこまめにお手入れ。
水アカなどで汚れやすい洗面ボールやカウンターは、こまめに水気を拭き取り、汚れが目立ってきたら、中性タイプの浴室用洗剤を使ってお手入れします。
ボールについた黒ずみやガンコな汚れは、クリームクレンザーで磨き落とします。黒ずみは、漂白作用のあるレモンの切れ端でこするのも効果的。レモンの香りが爽やかさをアップします。
洗面ボールに化粧品容器などを落としたり、冬の寒い朝に急に熱湯を流すと、ヒビ割れが生じることがあります。洗面ボールを破損すると、水漏れや耐久性を低下させる原因になりますので、充分ご注意ください。
2.鏡やキャビネットは汚れの付着を予防。
鏡やキャビネットの汚れは、洗面室に乾いた布を常備しておき、気付いたら手早く拭き取ります。あらかじめ車の窓用スプレーを一吹きしておくと、汚れの付着やくもり防止に効果があります。
くもり止めヒーターを使わない時は、必ず電源スイッチを切っておくようにしましょう。
3.水栓器具の汚れは練りハミガキと古ストッキングで…。
水栓器具の普段のお手入れは、乾いた布で汚れや水滴を拭き取る程度で充分です。汚れが目立つ場合は、粒子の細かい練りハミガキやクリームクレンザーを古い歯ブラシにつけて軽くこすり、水洗いし、水滴の跡が残らないようにから拭きします。
蛇口の裏側やネジ部分の汚れは、歯ブラシで磨くのも効果的ですが、30cmぐらいの長さに切った古いストッキングにクリームクレンザーを付けて、靴みがきの要領で左右に動かしながら磨くと、きれいになります。
蛇口にはメッキ処理が施されているので、金属タワシなどキズの原因になるものは使わないようにしましょう。
4.蛇口からの水漏れを発見したらコマパッキンの交換を…。
ハンドルをきちんと締めても蛇口から水が漏れる場合は、水栓内のコマパッキンの摩耗が考えられます。
手元止水栓を閉じ、水栓器具を分解して中のコマパッキンを取り出し、同じサイズの新しいものと交換しましょう。
水漏れの原因がわからない場合は、サービス担当者までご連絡ください。
5.トイレの水が出ない時は、タンク内の浮き玉や鎖の交換を…。
トイレの水が出ない時は、まず止水栓が閉まっていないかを確認します。
次にトイレタンクのふたを開けて、中にある浮き玉がタンクの壁面に当たって動かなくなっていないかをチェック。浮き玉はタンク内の水が減ると自動的に位置が下がり、ボールタップの弁が開いてタンクに給水される仕組みになっています。浮き玉が下がらないと給水されないので、その場合は支持棒を少し曲げて位置を調整します。
浮き玉に異常がない場合は、フロート弁についている鎖を点検します。外れていたら取り付け、切れている場合は新しいものと交換するようにしてください。
6.トイレの水が止まらない時はタンク内の水位の確認を…。
水位がオーバーフロー管より高い場合は、浮き玉を上げてみて水が止まるようなら、支持棒の浮き玉調節用ナットを回して、浮き玉の位置を下げます。それでも水が止まらない場合は、ボールタップ内のパッキンの交換が必要です。
水位がオーバーフロー管より低い場合は、フロート弁にゴミが挟まっていないか、鎖がよじれていないかを確認。フロート弁がきちんと閉まらない状態では止水されません。フロート弁がヒビ割れている場合は、同種のものと交換しましょう。
7.便器の中の汚れには、トイレットペーパーを活用。
便器の汚れはトイレ用洗剤を用い、内側はブラシ、外側はお掃除シートや布でお手入れするのが基本です。
便器の内側にこびりついた汚れは、トイレットペーパーを張り付け、洗剤をかけて浸透するまで放置し、その後、ブラシでペーパーごとこすります。
分譲宅地&分譲住宅ギャラリールネッサンス或る二世経営者のホームページNPO法人 志澤塾
居宅介護支援サービス「フラワー居宅介護支援事業所しかま」訪問介護サービス「ヘルパーステーションはなはな」サービス付き高齢者向け住宅「ケアビレッジ飾磨高町」