住まいのお手入れテクニック キッチン

油はねなどの汚れの多いキッチンは、こまめなお手入れを実践しましょう。
1.コンロの受け皿や五徳の汚れは、煮て落とす。
コンロの受け皿や五徳にたまった汚れは、スポンジに台所用洗剤をつけてこすり落とし、その後、水洗いします。
ガンコな汚れは、油汚れ用洗剤の溶液に一晩浸け置きしたり、ペーパータオルなどに洗剤を浸み込ませて、受け皿や五徳の汚れた部分に1時間程度湿布しておくと、汚れがふやけて落としやすくなります。 また、大きな鍋に受け皿や五徳を入れて、水を注いでグラグラ煮ると、油汚れや焦げつきが自然に分離してくるので、ラクに汚れを落とせます。
2.不完全燃焼の原因にもなるガスバーナーの汚れ。
ガスバーナーは、油汚れ用洗剤で拭き、古歯ブラシやバーナー専用ブラシで汚れを落とします。
バーナーが目詰まりすると不完全燃焼を起こす恐れがあるので、ガス穴に専用ブラシや竹串を差し込んで、定期的にお手入れしてください。
3.レンジフードは洗剤湿布でお手入れ。
レンジフードにこびりついた油汚れは、台所用洗剤を染み込ませたペーパータオルやティッシュペーパーを貼り付け、しばらくそのままにし、汚れが緩んで浮き出てきたら、ペーパーごと拭きとって、水拭きで仕上げます。
換気扇やコンロ周りの壁も、同様の方法できれいになります。
4.換気扇は汚れ防止と定期的なお手入れできれいに…。
汚れをためるほど、落としにくくなるのが換気扇です。月に1度位の割合で、お手入れをしましょう。
まず、分電盤のブレーカを切り、羽根など取り外せるものは全て外します。
こびりついている油汚れは、ヘラや古新聞などでこそぎ落とし、あらかじめ汚れの量を減らします。そして、換気扇用洗剤を入れた熱めのお湯にしばらく浸けておき、汚れが浮き出たらスポンジなどでこすり、水洗いして、お湯拭きとから拭きで仕上げます。
羽根が外せないものや換気扇本体のお手入れは、換気扇用洗剤をつけた布で拭き、その後、お湯に浸して固く絞った布で拭きます。
羽根のお手入れの際には、変形させないように注意しましょう。

換気扇(プロペラファン)の外し方
  • 1.分電盤の分岐ブレーカをOFFにする。電源コードがある場合は抜く。
  • 2.スピンナを緩めて羽根をはずす。
  • 3.オリフィスを取り外す。
換気扇(シロッコファン)の外し方
  • 1.分電盤の分岐ブレーカをOFFにする。
  • 2.蝶ボルトを緩めてオリフィスを外す。
  • 3.スピンナを緩めて羽根を外す。
5.シンクはスポンジを小刻みに動かして磨く。
普段は使い終わった後に水拭きする程度で充分ですが、少し汚れたら、柔らかいスポンジにクリームクレンザーをつけて、小刻みにスポンジを動かしながら磨きます。それから水で洗い、から拭きします。
蛇口周りの細かい汚れを落とすのには、歯ブラシが便利です。クレンザーか練りハミガキを古歯ブラシにつけて、水アカや汚れがたまりやすい裏側や付け根をしっかりと擦ります。最後に乾いたタオルなどで磨けば、ピカピカになります。
6.排水口やゴミ収納カゴはこまめにお手入れ。
排水口やゴミ収納カゴは、食べ物などの汚れがたまってぬめりやすいところ。こまめなお手入れが肝心です。
ゴミ収納カゴは、台所用洗剤かクレンザーをつけたスポンジで擦ります。細かい部分は古歯ブラシを使えばすっきり。その後は、水で洗剤や汚れをきれいに洗い流します。
排水口の内側のぬめりや黒ずみなども、歯ブラシで隅々までていねいに擦れば、スムーズに汚れが落ちます。
調理後に洗うようにすれば、いつでも清潔に保つことができます。
7.キャビネットはシンク下を重点的に…。
シンク下は湿気やニオイがこもりがちで、カビも発生しやすいスペースです。晴れた日には、しばらく扉を開けて、風通しをよくして、乾燥させることが必要です。
また、食品を入れるスペースなので、衛生的に保つためにも、2カ月に1度は中のモノを全て取り出し、掃除するようにしましょう。
薄めた台所用洗剤をつけた布で、隅々までていねいに拭き、その後、水拭きとから拭きをして充分に乾燥させます。乾いたら、殺菌・消臭のために全体に消毒用エタノールをスプレーしておきます。
シンナーやベンジン、クレンザーやタワシなどは使わないようにしましょう。
8.冷蔵庫の中は消毒用エタノールできれいに…。
食中毒などの予防のためにも、冷蔵庫の中はいつも清潔にしておきたいものです。
軽い汚れは、重曹やベーキングパウダーを溶かしたお湯に浸した布巾を、しっかりと絞って拭きます。その後、水拭きし、除菌効果のある消毒用エタノールをつけた布で拭きます。
汚れがひどい時は、台所用中性洗剤の溶液をつけたスポンジで軽く拭き、充分に水拭きをして、消毒用エタノールで拭いて仕上げます。 また、ドアパッキングが汚れて劣化すると、保冷効果が低下する場合もあるので、パッキング部分もきちんとお手入れを…。古い歯ブラシや綿棒を使うと、細かい部分もきれいに掃除できます。
9.人造大理石のワークトップはやわらかい布で…。
人造大理石のワークトップの美しさを保つためには、こまめにから拭きすることが大切です。 汚れが目立つ場合は、柔らかい布にクリームクレンザーをつけて擦り、その後、水拭きします。 粉末クレンザーや金属タワシは傷の原因となるので、使用しないようにしましょう。
10.ステンレスのワークトップはヘアラインに沿って拭く。
ステンレスの表面には、ヘアラインという一定方向に走っている目があり、それに沿って拭くと、汚れがよく取れます。
普段はから拭きで充分ですが、汚れた時には洗剤を使い、その後、水拭きとから拭きで仕上げます。
表面が曇ってきた時には、市販のステンレス用クリーナーで磨くようにしましょう。
分譲宅地&分譲住宅ギャラリールネッサンス或る二世経営者のホームページNPO法人 志澤塾
居宅介護支援サービス「フラワー居宅介護支援事業所しかま」訪問介護サービス「ヘルパーステーションはなはな」サービス付き高齢者向け住宅「ケアビレッジ飾磨高町」