住まいのお手入れテクニック ダイニング

窓ガラスや照明をきれいにして、ダイニングの心地良さをアップ。
1.窓ガラスはスキージーを上手に使ってきれいに…。

窓ガラスがきれいだと気分も爽快になり、部屋全体も明るく感じられます。窓ガラスの汚れが気になったら、すぐにお手入れをしましょう。
薄めた住まいの洗剤を含ませたスポンジで、さっと拭きます。その後、ガラス面に残った水分と共に、汚れをスキージーでしごき取ります。スキージーはゴム面をガラスに密着させ、上から下へと一気に引き下ろします。
スキージーを使う時は、汚れを含んだ水滴が床などに流れ落ちないように、窓ガラスの下の部分に、布を当てるようにしましょう。

スキージーの汚れは、こまめに布で拭き取りながら、作業を進めるようにします。
2.サッシレールのゴミはブラシでかき出す。
サッシ枠は、こまめにから拭きしましょう。
汚れがひどい場合は、表面のホコリを取り除き、薄めた住まいの洗剤を布につけて拭き、水拭きとから拭きで仕上げます。 サッシレールのゴミは、サッシブラシや古歯ブラシでかき出し、掃除機で吸い取ります。
3.ブラインドのお手入れには、軍手や専用ブラシが便利。

ブラインドの羽根に付いた汚れを落とすのは面倒なもの。けれど、専用のブラインドブラシを使えば、羽根を両面からはさむことができるので、片面だけに力がかかってしなって折れる心配もなく、きれいにホコリが落とせます。

また、軍手を使ってお手入れするのもラクな方法です。ゴム手袋に軍手を重ねてはめて、その手を薄めた住まいの洗剤に浸し、軽く絞ってから、1枚ずつ羽根をはさむように拭きます。後は、水拭きとから拭きで仕上げます。タバコのヤニや油などで、ひどく汚れている場合にも効果的です。
4.ドアが閉まりにくい時は、丁番のネジを調整。

室内のドアが閉まりにくい場合は、丁番の取り付けネジに緩みがないかを確認しましょう。
一部分のネジが緩んでいるなら、ドアの下に当て木をして、ドアの外枠との平行を保たせながら、ネジをしめると作業がしやすくなります。
また、全体的に緩んでいる場合は、最初に一番上、次に一番下、最後に中央、それぞれのネジを軽く交互に締めていきます。一度でしっかり締めるとドアが傾きやすいので、少しずつ締めるのがポイント。

ドアを開閉する時に音がする場合には、丁番にシリコンスプレーをさします。ミシン油などはホコリを寄せつけやすいので、注入しないようにしてください。
5.定期的なお手入れで、照明器具はいつも明るく…。

照明器具は月に1度の割合で、シェードやランプを取り外して、隅々までお手入れするようにしましょう。汚れをためていると、半年間で明るさが約20%も低下してしまいます。
お手入れの際には、感電などの事故を防ぐため、必ず分岐ブレーカーを切ってから始めます。
ランプは口金部分には水がつかないようにして、固く絞った布に薄めた住まいの洗剤をつけて拭き、水拭きとから拭きで仕上げます。器具への取り付けは、ランプが充分に乾いてから行います。

6.シェードは素材に合わせたお手入れを…。

照明器具のシェードは、薄めた住まいの洗剤を布につけて全体を拭くか、取り外せるタイプは洗剤で洗います。
汚れがガンコな場合は、シェードに直接洗剤をスプレーして、その上にペーパータオルを乗せて15分ほど湿布します。浮いてきた汚れをそのペーパータオルで拭き取り、水洗い、もしくは水拭きとから拭きで仕上げます。

ただし、木や和紙、布素材のシェードには、水気は厳禁です。普段からこまめにハタキなどを掛けて、ホコリをためないようにしましょう。
7.木質フロアの小さなキズはすぐに補修。
木質フロアの床に小さなキズがついてしまった場合は、キズを目立たなくする市販のキズ補修用ペンをおすすめします。
また、同色のクレヨンや靴墨などをキズの部分に塗り込み、布で拭き取った後に、透明のラッカーを塗っておくのもいいでしょう。
床のキズは、見つけたらすぐに補修しましょう。
分譲宅地&分譲住宅ギャラリールネッサンス或る二世経営者のホームページNPO法人 志澤塾
居宅介護支援サービス「フラワー居宅介護支援事業所しかま」訪問介護サービス「ヘルパーステーションはなはな」サービス付き高齢者向け住宅「ケアビレッジ飾磨高町」