今月のお客様インタビュー

息子さんご夫婦との同居を機に、二世帯住宅への建て替えを決意されたH様。新しい住まいへのご要望は、「世代を超えて、末永く、安心&快適に暮らせる」こと。そのために、何よりも《家の質》にこだわられ、大手ハウスメーカー数社の中から、パナホームを選ばれました。
H様がパナホームを選ばれた理由は、品質の高さでした。「住まいづくりにあたっての最大の要望は、末永く、安心&快適に暮らせること。そのためには、《家の質》が重要。数社を比較検討して辿り着いたのが、パナホームでした」。
「例えば、キラテックタイル貼りの外壁は、再塗装が不要で、息子達の代になってもメンテナンスにかかる費用が少なくて済みますからね」と、ご主人は快活に答えられました。
さて、《家の質》という点においては、建て替え前のH様邸も、《本物》の住まいだったそうです。上質な桧をふんだんに使った日本家屋で、寺社の建築も手がける大工さんに依頼して建てられたものだったとか…。
しかし、ご主人は、息子さんご夫婦との同居には向かないとご判断。「築後30年が経っていましたが、しっかりとした造りで、どこにも不具合がなく、まだ40~50年は大丈夫と思われました。ただ、二世帯となると、息子夫婦の暮らしや感性に合わない。そこで、思い切って建て替えることにしたんです」。
建て替えを決意された後、建築業者を選ぶために、H様は姫路市内の総合住宅展示場を見学されました。「息子夫婦の代になっても末永く住めるように、頑丈な鉄骨系のハウスメーカーに絞ってチェックしました」。
それからしばらくして、H様はお知り合いからパナホームの評判をお聞きになり、『あめにてぃ倶楽部・姫路』をご訪問。これが、パナホームとのお付き合いの始まりとなりました。
さて、今回のお建て替えにあたって、ご主人にはどうしても叶えたい事柄がおありでした。それは、思い出の詰まった床柱や欄間、桧の柱や梁を、どこかに活かすこと。「私が育った家の思い出を、新居に残したかったんです」。
そこで、パナホームでは、アイデアと技を駆使して、このご要望を実現。和室を中心に、以前のH様邸の部材を流用し、名残をとどめました。「面倒な願いを快く受け入れてもらえ、しかも、とても良い仕事をしてくれました。感謝しています」。
この春から始まった、H家の二世帯の暮らし。皆さん、とても快適に暮らされているそうです。
「営業担当はもちろん、スタッフの方から職人さんまで、全員が懸命に頑張ってくれました。100年住める家だと聞きましたから、私もできるだけ長生きします(笑)」。ご主人の笑顔は、まるで秋の空のように澄み渡っていました。

重厚感あふれるH様邸。1階が親世帯、2階が子世帯のスペースで、玄関だけ共用の完全分離型の二世帯住宅です。

ご親戚が集われる、二間続きの和室。床柱や欄間を再利用し、以前のH様邸の思い出を残しました。

1階の広々LDK。奥様のご希望で、キッチンには機能的なI型キッチンを配置。

H様ご家族。ご主人は環境問題への意識が高く、迷わず太陽光発電システムを搭載されました。

藤原 功(営業)・稲山 友紀(工事)(写真左から)

「仕事には厳しく、人には温かく」をモットーとされるH様。今回の住まいづくりでは、多くの事を学ばせていただきました。特に「パナホームで建てたことを、将来も誇りに思えるような仕事をしてほしい」とのお言葉は、私達の心に響きました。お客様の満足度はここにあるのだと、改めて痛感しました。この言葉を肝に銘じて、これからも頑張ります。

分譲宅地&分譲住宅ギャラリールネッサンス或る二世経営者のホームページNPO法人 志澤塾
居宅介護支援サービス「フラワー居宅介護支援事業所しかま」訪問介護サービス「ヘルパーステーションはなはな」サービス付き高齢者向け住宅「ケアビレッジ飾磨高町」