トップページイベントのご案内>ギャラリーの展覧会

ギャラリーの展覧会

彫刻家 大家春子氏 ワークショップ「ハガキで土瓶敷き・オブジェを作ろう!」 参加者募集中!
2017年2月19日 UP
ギャラリールネッサンス・スクエアでは、4月8日(土)~4月23日(日)に開催される『第11回現代作家展〈中期〉』の会期中に出品作家 大家春子氏によるワークショップを行います。身近にある使用済みハガキを使っての作品作りです。プロの作家の指導で、自分の作品を作りましょう♪小学生のお子様からはじめての方まで、お気軽にご参加いただけます。


作品見本

〔講 座 名〕 「ハガキで土瓶敷き・オブジェを作ろう!」

〔内  容〕 使用済みのハガキや年賀状を使って、折ったものを重ね組み合わせていきます。身近なものを使って、土瓶敷きやオブジェがつくれますよ!ハガキがない方は、厚紙などを使ってもOK。小学生のお子様やはじめての方でも、楽しんでご参加いただけます。

〔受 講 料〕 1人 2,000円 (税込) 

〔持 ち 物〕 使用済みのハガキ・年賀状100枚 ※土瓶敷きの場合:38枚~45枚、オブジェの場合:100枚必要です。(ハガキがない場合は、ハガキと同様の硬さの紙ならOKです)

〔開催日時〕 4月15日(土) 午前10:00~12:00

〔開催場所〕 ギャラリールネッサンス・スクエア 姫路市三左衛門堀西の町205-2(姫路キャッスル・グランヴィリオホテル南隣)

〔参加対象〕 小学生~大人※小学生のお子様は必ず保護者の同伴が必要です

〔参加定員〕 10名 (最少開催人数5名)※予約制・先着順・定員になり次第締切

〔講  師〕 大家春子(おおいえ はるこ)先生

〔申込締切〕 4月8日(土) 午後6:00まで (必着)
※定員に満たない場合は、締切後も受け付けますので、お問い合わせください。          
※申込締切後のキャンセルはご遠慮ください。

★当日の様子を撮影して、ホームページや情報誌等に掲載させていただくことがあります。

お申し込み・お問い合わせは、ギャラリー「ルネッサンス・スクエア」まで・・・
TEL・FAX・Eメールの場合、下記の項目をすべてお知らせください。
①氏名
②ふりがな
③性別
④年齢
⑤保護者名(小学生の方は、保護者名が必要です)
⑥ご住所
⑦TEL
⑧FAX
⑨携帯
⑩何を見てお知りになりましたか?
  1. TEL. TEL. 079-224-8772 FAX.079-224-8757
  2. ギャラリールネッサンス・スクエア
  3. r-s@hyogo.panahome.co.jp
「ART FACE」-三桝明子展-
2017年2月10日 UP
会期:2月11日(土)~2月26日(日)
午前10時~午後6時(最終日午後5時まで)水曜休館



略歴  三桝明子(みますあきこ)
1997年 第5回ひろしまナイト美術大賞展大賞 受賞(広島)
1999年 第28回現代日本美術展立体部門 入選(東京都美術館他)
2001年 第7回公募「広島の美術」優秀賞受賞(広島)
2003年 個展(ルネッサンス・スクエア/姫路)
2005年 第7回現代作家展 以降毎回出品
2006年 『HUMAN CHESS』(ギャラリー椿GT2/東京)
2008年 八千代の丘美術館 第7期入館(広島)
現在 広島市在住


広島市在住の彫刻家・三桝明子氏の個展です。三桝氏は、「ART FACE」シリーズで、ピエロ・デラ・フランチェスカやハンス・メムリンク、レオナルド・ダ・ヴィンチやロレッタ・ラックスなど歴史的な画家の描いた人物像をモチーフに彫刻を制作。「画家の描いた人物をつくる」のではなく、「画家の描いた人物からつくる」をポリシーに、顎から上の頭像を制作されています。今回の展覧会には、「ART FACE」シリーズの頭像40点と、木彫の大作8点が展示されます。ぜひ、ご来館いただき、静寂な空間に佇む作品達と、対話を試みてください。皆様のお越しをお待ちしております。


「明日は来る」クスノキ
  1. TEL. TEL. 079-224-8772 FAX.079-224-8757
  2. ギャラリールネッサンス・スクエア
  3. r-s@hyogo.panahome.co.jp
「新宮焼 芳野俊通 陶芸展」
2017年1月15日 UP
会期:1月14日(土)~1月29日(日)
午前10時~午後6時 (最終日午後5時まで)水曜休館



略歴 芳野俊通(よしのとしみち)
1940年 兵庫県たつの市新宮町生まれ
1979年 79‘県展入賞
       三軌会展新人賞
1989年 ‘89花の器展(山陽百貨店)
2000年 県立粒子線医療センター壁画「AMANOKAWA fantasy」制作
2004年 芳野俊通陶芸展(ルネッサンス・スクエア)
2006年 県立リハビリセンター壁画「共に生きる」制作
2010年 姫路日赤看護学校100周年記念壁画「VIDA命」制作
2013年 窯出し展(ギャラリー壺中庵)
       花の器展(龍野醤油蔵)
       土の器展(神戸新聞ギャラリー)
現 在  たつの市在住


たつの市在住の陶芸家・芳野俊通氏の個展です。芳野氏は、幕末から明治時代初期に存在し、明治15年に廃絶したとされる「新宮焼」の名を残そうと、長年にわたって「新宮焼」を作り続けておられます。今回の展覧会には、「料理を盛り付けて活きる器や、花を生けて落ち着く花器を作りたい」とおっしゃる芳野氏のポリシーを反映した作品が集合。大皿・角皿・小皿、花器、抹茶茶碗・水差し・香合など、暮らしを彩る約30点の作品が展示されます。ぜひ、ご来館いただき、「新宮焼」の魅力を発見してください。皆様のお越しをお待ちしております。


「花器(黒い作品)」
  1. TEL. TEL. 079-224-8772 FAX.079-224-8757
  2. ギャラリールネッサンス・スクエア
  3. r-s@hyogo.panahome.co.jp
「第29回チャリティーのためのミニアチュール展」
2016年12月3日 UP
会期:12月3日(土)~12月13日(火)
午前10:00~午後6:00(最終日午後5:00まで) 水曜休館




会場風景

【日本画】泉井小太郎、小林隆之、濵田君江、廣岡通正、明星明子
【洋 画】粟谷房代、アンドレイ・ヴェルホフツェフ、井内利彦、石野善浩、井上展也、井上 仁、井上由美、ウエダキヨアキ、王 一美、大家春子、太田垣匡男、上 順子、川崎清水、川中義擴、川端祥之、来住しげ樹、喜多万紀子、北山義明、衣畑紀子、木下かつ代、木下寿美子、木下正博、工藤惠子、窪田福子、熊野 融、コウノ真理、小谷雅朗、西明寺末一、榊原メグミ、坂口知子、四宮金一、四宮 龍、柴田昌子、住中進吾、曽根孝子、高木テルミ、高田三穗子、高野カヨ、高橋惠子、瀧本周造、田口幸子、竹内康行、竹内よし栄、但馬展子、田中涼子、種兼邦子、椿野浩二、栃原敏子、飛岡文夫、冨永泰雄、中塩美知子、中嶋康評、名村 仁、西田ミエコ、浜淵泰行、東影美紀子、平松賢太郎、日和佐治雄、藤原正和、古川邦彦、堀川素弘、松島佳子、松永和歌子、松原政祐、三沢かずこ、三澤浩二、道広真衣、三桝正典、宮井健年、宮本英雄、六鹿 泰、山口敏行、山﨑由佳、山田耕造、山本雅也、吉田純一、吉見敏治、よろずふきこ
【版 画】いしだふみ、井上雅彦、大上吉成、上中孝三、小池結衣、小林くみこ、志野和男、坪田政彦、内藤絹子、長岡國人、中東 剛、中村真由子、ハセガワアキコ、古川俊子、逸見亜古、三田村直美
【彫 刻】池田丈一、井上 直、うらゆかり、榎本勝彦、窪田啓子、芝山昌也、清水 淨、坪田昌之、東影智裕、藤本イサム、藤原昌樹、松田一戯、松本 薫、水田勢二、三桝明子、村上裕介
【工 芸】荒川尚也、飯田あき、石井宏志、磯谷晴弘、乾 善弘、植木 潤、内海大介、尾形良一、木口秀一、岸上智津子、喜多千景、児玉修治、小林勇超、島本契司、清水 剛、髙橋亜希、竹内 巖、竹内紘三、永江牧子、中川千賀子、西島 玲、野間清仁、花岡 央、藤本満里子、松本三男、光藤 佐、宮川翔湖、明珍宗理、明珍裕介、三輪周太郎、森野知子、山本直毅、芳野俊通
【書】亀渕明美、北岡瑞桐、髙砂京子
【デザイン】片岡英恵、久保田裕美、嵯峨山 務
(50音順・出品作家は変更する場合がございますので、ご了承ください。)

本展は、国内外で活躍中の作家の小作品を展示・販売し、収益金の一部を寄付させていただく12月恒例の展覧会です。今年は、主旨に賛同してくださった154名の作家が出展。日本画・洋画・版画・デザイン・書・彫刻・織物・食器・干支の置物など多彩な小作品300点余りが、チャリティー価格で、会場いっぱいに並びます。多くの作家の個性あふれる作品、多彩なジャンルの作品をご覧になれるチャンスです。ぜひ、この機会にご来館ください。皆様のご協力を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

★本展の収益金の一部は、「国連WFP」、兵庫県内の福祉団体「ひょうご子どもと家庭福祉財団」、「兵庫盲導犬協会」に寄付させていただきます。
  1. TEL. TEL. 079-224-8772 FAX.079-224-8757
  2. ギャラリールネッサンス・スクエア
  3. r-s@hyogo.panahome.co.jp
「生野学園師弟3人展 ―椿野浩二・須飼秀和・東影智裕―」
2016年10月31日 UP
会期:11月5日(土)~11月20日(日)
午前10時~午後6時 水曜休館(最終日午後5時まで)



略歴 椿野浩二
1996年 第39回安井賞展入選 賞候補(セゾン美術館)
第3回小磯良平大賞展 大賞(神戸市立小磯記念美術館)
1998年 第33回昭和会展 招待(銀座日動画廊本店)
現  在 朝来市在住

略歴 須飼秀和
1977年 兵庫県明石市生まれ
1998年 バイクで西日本を回り、そこで出会った人の温かさや風景に触れ、郷愁をテーマに絵を描く
新聞・書籍・雑誌・を中心に活動 執筆も行う連載多数 ライフワークとして郷土の兵庫県の風景を描き続ける
現  在 明石市在住

略歴 東影智裕
2013年 龍野アートプロジェクト2013(2011年も出品)
2014年 現代郷土作家展「生きるものたちへ」姫路市立美術館
2016年 五島記念文化財団 美術新人賞受賞
現  在 東京都在住



朝来市在住の平面造形作家・椿野浩二氏、明石市在住の画家・須飼秀和氏、東京都在住の彫刻家・東影智裕氏のジョイント展です。椿野氏は朝来市にある「生野学園」の美術講師で、同学園の生徒だった須飼氏と東影氏を、芸術の世界に導きました。そして、二人はやがてプロの作家として独り立ちし、ここに、師弟3人の展覧会が実現しました。今回の展覧会には、約60点の半立体作品や絵画、彫刻などが展示します。ぜひ、ご来館いただき、三様の作品をお楽しみください。
★11月6日(日)には、椿野氏によるワークショップ「水墨画で来年の干支のにわとりを描こう!」を開催します。ご参加お待ちしています。お申し込み・お問合せは、ギャラリー・ルネッサンススクエアまで。


椿野浩二「気比の人」 50号 漂着物


須飼秀和「新宮町の牛乳屋さん」(場所:たつの市新宮町) 19×33㎝ ワトソン紙・ポスターカラー


東影智裕「表皮 005」 可変 エポキシパテ・アクリル絵具
  1. TEL. TEL. 079-224-8772 FAX.079-224-8757
  2. ギャラリールネッサンス・スクエア
  3. r-s@hyogo.panahome.co.jp
分譲宅地&分譲住宅ギャラリールネッサンス或る二世経営者のホームページNPO法人 志澤塾
居宅介護支援サービス「フラワー居宅介護支援事業所しかま」訪問介護サービス「ヘルパーステーションはなはな」サービス付き高齢者向け住宅「ケアビレッジ飾磨高町」