内装改修

建物を風雨から守り、長持ちさせると共に、外観イメージをアップ。新築時の魅力を復活し、競争力を向上します。

雨や紫外線、気温差などの影響で、コーキング材も経年劣化します。コーキング材が劣化(硬化)すると、目地の伸縮に対応できなくなり、裂けたり、ピンホールが発生します。これらは漏水の原因となりますので、そうなる前に打ち替えが必要です。
コーキングとは、建物の水密性と気密性を保つために、目地や隙間をコーキング材で充填することです。コーキング材は、合成樹脂または合成ゴムをペースト状にしたもので、シーリング材とも呼ばれます。
外壁を塗装するだけで、建物に対する印象が一変します。綺麗な外観は、入居を促す大きな要因になりますし、入居者にも喜んでもらえます。また、外壁に悪影響を及ぼす酸性雨や紫外線をブロックし、建物を長持ちさせる効果もあります。
あるアンケート調査では、「外観イメージの良い悪いを気にする」との回答が、9割にも達しました。賃貸物件は、見栄えも重要なファクター。外観の美しさが、収益に直結すると言っても過言ではありません。
屋根は、雨や紫外線の影響をダイレクトに受ける場所なので、経年劣化に対するメンテナンスが重要です。屋根の塗装は、防水性を高めるだけでなく、酸性雨や紫外線をブロックし、屋根を長持ちさせる効果もあります。
リノベーションするなら、遮熱塗装がおすすめです。屋根の遮熱塗装は、最上階の室温を下げ、夏に部屋が高熱になるのを和らげます。施工が簡単で、費用対効果も優れています。
分譲宅地&分譲住宅ギャラリールネッサンス或る二世経営者のホームページNPO法人 志澤塾
居宅介護支援サービス「フラワー居宅介護支援事業所しかま」訪問介護サービス「ヘルパーステーションはなはな」サービス付き高齢者向け住宅「ケアビレッジ飾磨高町」