内装改修

昔の間取りを人気の間取りに…。設備や仕様を最新のものに…。古くて競争力の低い部屋を、話題性の高い「住みたい部屋」に再生します。

近年の賃貸住宅は、洋風の間取りが主流です。とりわけ、単身世帯やカップル世帯、若いファミリー世帯はその志向が強く、和室よりも洋室が、部屋数よりも広いリビングが好まれます。
「安心サポートプラン」の仕組み
30年~20年前に建てられた賃貸住宅は、二間以上の和室をとったプランが主流でしたが、今ではすっかり不人気に…。間取り図を見た段階で、候補から外されてしまうことも多々あります。
そこで、部屋数を減らし、和室を広いリビング・ダイニングに変更。さらに、利便性の高いウォークイン・クローゼットを設けることで、人気のプランに…。間取り図を見た瞬間に、候補の上位に位置付けられるようにします。
設備の新しい古い&良い悪いは、入居を決定する重要な要因です。築20年にもなると、色々な設備が交換の時期を迎えます。水周りを中心に、入居者ニーズを反映したものに交換したり、付加価値の高いものを追加し、他物件との差別化を図ります。
年々、入居者ニーズは多様化&個性化しています。この傾向を上手に利用し、入居者の趣味や生活スタイルに合わせた印象的なアイテムを付加することで、他物件との差別化を図ります。
分譲宅地&分譲住宅ギャラリールネッサンス或る二世経営者のホームページNPO法人 志澤塾
居宅介護支援サービス「フラワー居宅介護支援事業所しかま」訪問介護サービス「ヘルパーステーションはなはな」サービス付き高齢者向け住宅「ケアビレッジ飾磨高町」