1987年に、パナホーム兵庫の本社ビルを建設しました。そして、「播磨地域の文化・芸術の振興に貢献したい」との思いから、1階部分にギャラリー「ルネッサンス・スクエア」を設けました。
何一つ勝算はありませんでしたが、色々と理由を並べ立て、何とかオープンにこぎ着けました。こけら落としは「シルクロード展」でした。その後、「インドミティラー画展」「美人画展(あやめの衣)」「現代作家展」、当館のメイン企画である「こどもの絵画展」と「チャリティーのためのミニアチュール展」をはじめ、多くの展覧会を開催しました。数え上げればきりがありません。
その中で、忘れてはならないのが、故・池内登初代館長です。先生の存在なしには、ギャラリーの今は語れません。
本当に多くの方にお世話になり、開館30年を迎えることができました。いくら感謝してもしきれるものではありません。改めまして、厚く御礼申し上げます。

2016年10月
ルネッサンス・スクエア
館長 香山廣紀





1987年
  9月11日開館
「第1回現代作家展」開催(以後3年ごとに開催)
1988年   「第1回こどもの絵画展」開催(以後毎年開催)
「第1回チャリティーのためのミニアチュール展」開催(以後毎年開催)
1991年   「広重・北斎浮世絵の世界展」開催
「福富コレクションによる近代日本美人画展」開催
1992年   「第1回ポートレート作家展」開催(以後毎年開催)
1997年   「第1回NUOVO UOVO展」開催(以後隔年開催)
2002年   姫路地方文化団体連合協議会から文化功労賞を
授与される
2005年   「夏休みこども木工教室」 開催(以後毎年開催)
2007年   ギャラリー開館20周年企画「こどもの絵画展20年の歩み展」
と座談会 開催
2009年   姫路市から芸術文化奨励賞を授与される
2011年   「第9回現代作家展」会期中に出品作家によるワークショップ開催
2012年   設立25年を迎える
2016年   設立30周年を迎える
その他、個展・グループ展 多数開催
出品作家によるワークショップを毎年多数開催





年間10〜12回の企画展を開催しています。そのうち、6月は児童画の公募展「こどもの絵画展」、12月は収益金を国連WFP等に寄付する「チャリティーのためのミニアチュール展」を毎年開催いたします。
広さは60坪、高い天井と変化のある空間で、作品展示の幅が広がります。意欲ある作家の作品発表の場として、広く開放しています。有名・無名・所属や現存・物故作家などにこだわりません。但し、プロとして作家活動を行っておられる方を対象とさせていただきます。
芸術に気軽に親しんでいただけるよう、地域のコミュニティの場としても広く開放している、高い吹き抜けのある小さな美術館です。建物の外は、目の前に外堀川が広がり、川沿いの公園は、春は満開の桜を、秋は美しい紅葉を楽しむことができます。

皆様のご来館をお待ちしています。




このページのトップに戻る