今月のお客様インタビュー

築130年を超える日本家屋にお住まいのM様。 代々にわたって小まめに補修&改修を重ねてこられた跡が、まるで年輪のように、ご家族と暮らしの歴史を物語っています。 ご夫妻は、そんな伝統的な住まいを受け継ぎ、大切にしながら、毎日を快適に過ごされています。
現在、日本の住宅の建て替えサイクルは27~28年と言われ、世界の先進国の中でも、突出して短いそうです。
しかし、戦前までは、そうではありませんでした。 一度建てたら、傷んできた箇所を修理したり、必要な変更を加えたりしながら、できるだけ長く住むのが一般的でした。
M様のお住まいも、代々、そんな風に住み継がれてきたそうです。 「この家は私の生家なんですが、私が知る限りでも、随分と手を入れています。 トイレを母屋に増築したり、土間だった厨房をダイニングキッチンにしたり…。 私達も、子供が小学校に上がる時に、小屋裏を2階にして勉強部屋を作りましたし、屋根の一部も葺き替えました。 とにかく古いので、毎年のように、どこかを補修しています」と奥様。
ご結婚以来、この家にお住まいのご主人も、格別な思いをお持ちです。 「この太い柱や梁を見てください。今、これだけの家はなかなか建てられませんよ。 ただ、隙間が多く、冬に寒いのが難点ですが…(笑)」。
実は、M様は、パナホームのアパートオーナー様で、一昨年、アパートのリフレッシュ工事を実施されました。
「その時、仕事ぶりを見て、とても感心したんです。 そこで、自宅のリフォームについても相談してみようと…」とご主人。 「寝室にベッドを置きたくて、畳からフローリングに変えようと思っていた矢先だったんです。ちょうど良いタイミングでしたね」と奥様。
しかし、築130年以上ともなると、あれこれとリフォームしたくなる箇所が出てきます。 そこで、M様は、まず寝室の改修を最優先に、あわせて隣の和室もフローリングにされました。 次に、昨年にはお風呂を、そして、今年の春にはトイレを相次いでリフォーム。 パナホームは、すっかりM様邸の専任的存在となりました。
「職人さんが礼儀正しいのには驚きました。 それに、毎日、きっちり掃除をして帰られるんです。 仕事も丁寧だし、すっかり御用達です」。
一連のリフォームで「とても快適になった」とおっしゃるご夫妻ですが、実は、それ以外にも、思わぬメリットがあったそうです。 それは、お風呂の工事の際に、大事な柱が腐っているのが見つかったこと。「善後策が打てて助かりました」。
M様にとって、補修&改修から保守点検まで多くの役割を果たすパナホームは、長寿の家屋をさらに長持ちさせる、住まいの健康増進ドクターと言えそうです。

「今回のリフォームは三つ星!」とおっしゃるM様ご夫妻。次は、法事に向けて、ふすまの貼り替えを予定されています。

和室だった2部屋を、フローリングに貼り替え。右の寝室は、築年数を感じさせないモダンな趣になりました。

お風呂も最新のものに入れ替え。ご夫妻が、最も快適さを実感される場所だそうです。

歴史がたっぷりと詰まったM様邸。幾多の補修&改修を経て、代々、住み継がれています。

岡本 裕史(工事)・野村 拓矢(営業・設計) (写真左から)

M様邸にとって、私達は、掛かり付けのお医者様のようなもの。 家の状況をしっかりと把握し、最善の対処法をご提供する、古き良き住まいのパートナー。 そんな存在であり続けたいと願っております。 どうぞ、いつでも、どんな小さなことでも、お気軽にお申し付けください。
M様邸のリフォームは、パナホーム兵庫のネットワーク企業「リフォーム兵庫」が担当しました。
分譲宅地&分譲住宅ギャラリールネッサンス或る二世経営者のホームページNPO法人 志澤塾
居宅介護支援サービス「フラワー居宅介護支援事業所しかま」訪問介護サービス「ヘルパーステーションはなはな」サービス付き高齢者向け住宅「ケアビレッジ飾磨高町」