今月のお客様インタビュー

満を持して、大規模リフォームを実施されたY様。依頼先は当初からパナホームに決められていましたが、全てお任せではなく、ご主人が私達と共にお考えになり、動かれるというスタイルで工事を牽引。住まい手とプロの絶妙なチームプレイで、大成功を導き出しました。
Y様のお住まいは築32年の木造住宅で、時間の経過と共に、あちこち気になる箇所が出てきたそうです。
しかし、ご夫妻は、すぐにリフォームをしようとはお考えになりませんでした。「リフォームは6年ほど前から考えていましたが、それぞれの箇所を何回にも分けて工事するのではなく、一度にまとめてやってしまおうと思っていたんです。その方が合理的ですし、デザインも統一できるし、費用と時間もトータルで節約できますからね」とご主人。
そして、いよいよその時期が訪れました。お孫さんの個室増築を機に、全ての不具合や不満を、一気に解決してしまおうということになったのです。
依頼先は、迷うことなくパナホームに…。それは、奥様が大のパナソニックファンだったから。「母の代からパナソニックショップにお世話になっていて、今回もショップさんからパナホームを紹介してもらいました」。また、ご主人もパナブランドには一目置かれています。「仕事で関わった経験から、その信頼性は間違いないですね」。
リフォームを決断された後、ご夫妻はリフォームについての勉強を始められました。行政が主催するリフォームセミナーに参加されたり、インターネットで情報を収集したり…。「打ち合わせの際に話をちゃんと理解できるように、最低限の知識だけは持っておこうと思ったんです」と奥様。
そんな周到な準備と共に、ご主人の熱意も大きな推進力になりました。ご主人は工事現場に頻繁に顔を出され、当社のスタッフや職人達に、住まい手としての要望を細かく示されたのです。「現場を見ながら、『ここはこうしてほしい』と、その都度お願いしました。それに対して、大工さんから『それならこうしましょう』と返していただいて…。そんなやりとりを繰り返すことで、完成イメージをしっかり共有でき、納得を積み重ねることができました」。
お孫さんのお部屋の増築、老朽箇所や不具合の一掃、設備の入れ替え、収納の充実、外内装の一新、耐震性・断熱性の向上などを実施し、新築同様のお住まいに生まれ変わったY様邸。「パナホームはスタッフも職人さんも本当に素晴らしく、最高のリフォームを実現することができました。満足度は110%。最高の出会いに感謝です」。

Y様ご夫妻とお孫さん。念願のリフォームを実施され、住まいも気分も一新。思わず笑顔がこぼれます。

落ち着いた色調にコーディネートされたリビング・ダイニング。心地良さも倍増。

和室もしっかり現代風に。他の空間と共に、色調を統一されました。

屋根には趣のある軽量瓦を採用。玄関扉と共に、ご主人の大きなこだわりです。

西川侑那(設計)・菱川将門(営業)・澤田和行(工事)(写真左から)

Y様は基礎に不安をお持ちでしたが、解体してみると堅牢そのもので、お建て替えの必要はありませんでした。愛着のあるお住まいを、リフォームで生まれ変わらせることができ、本当に良かったと思います。快適になったお住まいで、思い出を積み重ねていってください。

Y様邸のリフォームは、パナホーム兵庫のネットワーク企業「リフォーム兵庫」が担当しました。
分譲宅地&分譲住宅ギャラリールネッサンス或る二世経営者のホームページNPO法人 志澤塾
居宅介護支援サービス「フラワー居宅介護支援事業所しかま」訪問介護サービス「ヘルパーステーションはなはな」サービス付き高齢者向け住宅「ケアビレッジ飾磨高町」