今月のお客様インタビュー

「満足度は200%と言ってもいいくらい。 新居での暮らしは、とても楽しくて快適です」とおっしゃるK様。 業者の強引な営業によって、不愉快な思いをされ、計画を一時中断されましたが、パナホームとの出会いで状況が一転。 心からの満足を、手に入れられました。
3社の営業攻勢に辟易。
パナホームでご新居を建築いただく前、K様は、住まいづくりを中断されていました。 「3社と商談を進めていたのですが、営業攻勢がひどかったんです。 強引に契約を迫り、考える時間も与えてくれない。 夜遅くに突然訪問して来ることもあって、娘が怖がってしまって…。 耐えられずに、計画を止めたんです」。
それから1年半が経った頃、K様は、ある地域情報誌に目を留められました。 「そろそろ計画を再開したいと思っていた矢先に、パナホームの広告を見かけたんです。 パナホームはそれまで接したことがなかったですし、エコにも力を入れているようだったので、思い切って展示場を訪れました」。
そして、K様は、当社の営業担当と意気投合。 「とりとめのない私の話を、彼はずっとにこにこしながら聴いてくれました。買い物があるので帰ると言うと、『また、来てください』と…。がつがつした他社とは全く異なる対応で、パナホームと担当者にすっかり心を奪われてしまいました(笑)」。
W発電の素晴らしさを実感。
こうして、パナホームで住まいづくりを再開されたK様は、日を追うごとに快活になっていかれたそうです。 その様子をご覧になって、何よりも喜ばれたのがお嬢様だったとか…。
「実は、家を建てようと思ったのは、娘の励ましがきっかけなんです。主人を突然亡くし、毎日泣き暮らしていた私の姿を見かねて、娘が『気分を変えて、楽しみを見つけよう』と助言してくれまして…。 そこで、ちょうど父から譲られていた土地があったので、家を建てて住み替えようと考えたんです。 最初につまずきがあったものの、パナホームとの出会いで、心機一転できました」。
プランニングにあたって、K様は、シンプルで動きやすいレイアウトをご要望。 また、5kWの太陽光発電に加え、エネファームを導入して「W発電」にすることも希望されました。 「おかげで、びっくりするくらい光熱費が安いんですよ。 しかも、売電による収入が月に2万円以上もあるんです。 環境にも良いし、こんな素晴らしい話はないですね」。
ご新居が完成して3年、今では筋金入りのパナホームファンを自称されるK様。 展示場で開催される和菓子やケーキづくり、絵手紙の教室などにも頻繁に参加され、新しい暮らしを大いに楽しまれています。

陽光を浴びて、白く輝くK様邸。お洗濯が大好きで、広いバルコニーをリクエストされました。

シンプルにレイアウトされたLDK。「家事動線が抜群で動きやすく、とても便利です」。

リビングに設けられた、ハッピーのゲージスペース。壁面には消臭効果の高い珪藻土のタイルが貼られています。

K様と愛犬のハッピー。「毎日、楽しく快適に暮らしています。パナホームに巡り合えて、本当に良かったです」。

濵田孝司(工事)・石井隆昭(営業)・野村亮二(設計)(写真左から)

K様の笑顔を拝見する度に、私達もとても幸せな気持ちになります。 計画の初期段階では、他社とのやりとりの中で、随分と嫌な経験をされたそうですが、K様の思い描かれた理想の住まいを実現することができて、本当に良かったです。 これからも、新しい住まいと暮らしを、ハッピーと一緒に、とことん満喫してください。

分譲宅地&分譲住宅ギャラリールネッサンス或る二世経営者のホームページNPO法人 志澤塾
居宅介護支援サービス「フラワー居宅介護支援事業所しかま」訪問介護サービス「ヘルパーステーションはなはな」サービス付き高齢者向け住宅「ケアビレッジ飾磨高町」