今月のお客様インタビュー

16年ほど前に、念願のエリアで、中古の木造住宅を購入されたI様。 しかし、年月を重ねるごとに、間取りや動線に対する不満が増大。 そして、「もっと快適に暮らしたい…」「もっと美しい家に住みたい…」という思いが募り、ついにご夫妻は建て替えを決意されたのです。
昨年の夏、住まいづくりを考え始められたI様のもとに、1枚のチラシが届きました。それは、パナホームの完成現場見学会の案内でした。
I様のお宅は、パナホームの展示場『あめにてぃ倶楽部・高砂』の近くにあり、奥様は時々その前を通られていたそうです。 「オープン当初から目にしていましたが、何年経っても、白いタイル外壁が汚れないんです。 交通量が多い場所に建っているのに、何故きれいなのかと、ずっと不思議に思っていました。 そこで、そんなパナホームを一度見てみようと、見学会に参加することにしたんです」。
当時、I様は建て替えを検討され始めて日も浅く、時期はもちろん、するかどうかも決断されていませんでした。 そのため、完成現場見学会では、他のお客様に紛れて、「さりげなく見て、さりげなく帰ろう」とお考えだったそうです。 「ところが、帰り際にパナホームの若い営業担当者にしっかり呼び止められてしまいました(笑)」。 しかし、この出会いが、I様の住まいづくりを一気に加速させることになったのです。
I様は、それからわずか2ヶ月後に、当社とご契約いただきました。 そして、年末に着工、今年の3月にご新居完成と、一気に住まいづくりを終えられました。
「パナホームを選ぶ決め手になったのは、営業担当者の応対。 熱心で、言葉に心がこもっていて、しっかり説明しようという思いが伝わってきました。 それに、耐震性をはじめ、基本性能が優れていたからです」とご夫妻。
そんなI様が、ご新居に一番に求められたのは、居室数でした。 「古い家は部屋数が足りず、それが最大のストレスでした。 そこで、私達の寝室と3人の子供達の個室を確保してもらうようリクエストしました。 あわせて、ウォークインクローゼットや書斎スペースなども要望しました」。
さらに、ご夫妻は、外観にもこだわられました。 「美しいキラテックタイルは、迷わず採用しました。 何しろ性能は、高砂展示場で実証済みですからね」。
「パナホームは、アイデアとノウハウを駆使して、限られた空間を最大限に活かしてくれました。 当初の予定より少し高くなりましたが、それ以上の価値を手に入れることができたと思います。 パナホームにして良かった」とお喜びのI様。 満足げに語られるお二人の笑顔は、どこまでも続く夏空のようでした。

キラテックタイル外壁は「イメージ通りの仕上がり」だとか…。大量の洗濯物が干せるワイドバルコニーも大好評です。

広く明るいLDK。パナホームのオリジナル空調システムが、快適さを高めます。

LDKに隣接する和室。玄関からも直接出入りすることができます。

I様ご夫妻。単身赴任中のご主人は、週末のご帰宅をとても楽しみにされているそうです。

上田渉(設計)・門幸良(営業)・友藤和也(工事)(写真左から)

I様ご夫妻には、実の息子のようにかわいがっていただきました。 それにお応えすべく、信念と熱意と誠意で仕事に臨みましたが、ご新居に満足いただいて、本当に嬉しく思います。 これからも、I様との間に生まれたご縁を、大切に育てていきたいと思います。 どうかよろしくお願いします。(門)

分譲宅地&分譲住宅ギャラリールネッサンス或る二世経営者のホームページNPO法人 志澤塾
居宅介護支援サービス「フラワー居宅介護支援事業所しかま」訪問介護サービス「ヘルパーステーションはなはな」サービス付き高齢者向け住宅「ケアビレッジ飾磨高町」