今月のお客様インタビュー

「満足度は200%です」とおっしゃるI様ご夫妻。お二人がご新居へのご要望を明快に出され、それをベースにパナホームが提案を盛り込んでいく…。そんな理想的なスタイルが、住まいづくりという人生の一大イベントを成功に導き、ご出産に花を添えました。
I様の住まいづくりは、奥様のおめでたがわかった時にスタートしました。「子供が元気にのびのび育つような家を建てたいと思ったんです」とご主人。当時、ご夫妻は賃貸マンションにお住まいでしたが、子育てを前に、ご夫妻が理想とされる住環境を求められたのでした。
業者選びは、奥様のご意向で、早々にパナホームに決まりました。「姉夫婦の家がパナホームで、キラテックタイル貼りの外壁を見た時から、ずっとこんな家に住みたいと憧れていたんです」。
しかし、その前に、I様には土地探しという大きな課題がありました。「姉夫婦の家がある住宅地が理想的だったので、パナホームに頼んで探してもらいました。でも、希望のエリアに売物件はありませんでした」。
そこで、パナホームの担当者は、お姉様宅の数軒隣にある空き地に狙いを絞り、地主さんの元に直談判に伺ったのです。ところが、地主さんの返事は「全く売るつもりはない」とのことでした。
しかし、パナホームの担当者は、諦めずに何度も地主さんにお願いに上がりました。そうこうするうちに、地主さんが奥様のお友達のお父さんであることが判明。それが大きな後押しとなって、地主さんは首を縦に振ってくださったのです。
こうして、I様の住まいづくりはプランニング段階へ…。譲ってもらった土地は南向きで、広さも十分あり、ご夫妻の夢と希望は大きく広がりました。
「子供の成長と共に物がどんどん増えるので、収納の充実は絶対でした。全体のデザインやインテリアは、モダンな中に和が香るイメージを希望しました」と奥様。パナホームの設計担当は女性で、奥様とはコミュニケーションも抜群。パナホームならではの提案を盛り込みながら、ベストのプランを構築していきました。
ご主人はそんな二人を笑顔で見守りながら、環境性能を追求されました。「太陽光発電は必ず実現しようと思っていました。また、遮光ガラスのサッシや蓄熱式暖房を採り入れ、季節ごとの省エネを目指しました」。
昨年6月の完成以来、猛暑も寒波も経験され、ご新居の良さを強く実感されたI様。あえて不満点をお聞きしてみると、「全くありません」ときっぱり。ご夫妻の口から、同じ言葉が返ってきました。

「キラテックタイルの性能は、姉の家で実証済み。築8年にもかかわらず、新築と見間違えるほど綺麗です」と奥様。

赤のキッチンは奥様のお気に入り。狙い通り、LDKの素敵なアクセントになりました。

テレビの後ろには、リビング収納を設置。両側から出し入れでき、とても便利です。

I様のご家族。ご新居の完成とお嬢様の誕生で、喜びも幸せも2倍です。

山田浩之(営業)・加藤千佳(設計)・稲山友紀(工事) (写真左から)

I様ご夫妻は、住まいづくりをとても楽しまれておられました。私達もそれに乗せられるように、楽しくご提案させていただきました。それが、きっとご満足に結びついたのだと思います。それにしても、奥様の頑張りは見事でした。ご出産を控えながら奮闘される姿には、皆が感動させられました。

分譲宅地&分譲住宅ギャラリールネッサンス或る二世経営者のホームページNPO法人 志澤塾
居宅介護支援サービス「フラワー居宅介護支援事業所しかま」訪問介護サービス「ヘルパーステーションはなはな」サービス付き高齢者向け住宅「ケアビレッジ飾磨高町」