今月のお客様インタビュー

1階にはできる限り大きなLDKを、2階には機能的な水周りと居室を…。 そんな個性的な空間レイアウトを、ご新居に求められたI様。 パナホームの『家事楽スタイル』を採り入れて、明るく広く健やかで、そして、機能的でエコロジーな住まいを実現されました。
I様の以前のお住まいは、庭に井戸のある築80年のレトロな戸建貸家でした。 「風情があって気に入っていましたが、暗くて住みにくかったので、いずれは新居を建てて移ろうと考えていました」と奥様。
そんなある日、I様ご夫妻は、姫路市内の総合住宅展示場を訪問されました。 「軽い気持ちで立ち寄ったのですが、最新のモデルハウスを見て、一気に気持ちが高まって…。 いつかは建てたいという思いが、『早く建てたい』に変わりました」。
こうして、I様は、S社と具体的に話を始められました。 「しかし、1社だけでは判断しにくいので、父にパナホームを紹介してもらいました。 10年程前に、僕の実家もパナホームで建築していたので…」とご主人。
2社競合となったものの、軍配はあっさりとパナホームに上がりました。 「S社の営業マンは、『できない』とか『難しい』とか、否定的な対応が多かったんです。 しかし、パナホームの担当者は、何でも『やってみましょう』と、いつも前向きでした」と、ご夫妻は当時を振り返られます。
プランニングにあたっては、何度も打ち合わせが重ねられ、ご夫妻の夢とご要望がぎっしりと盛り込まれました。
2階に浴室や洗面など水周りを集約し、効率的な家事動線を実現すること。 室内干しスペースを設けること。 主寝室内は落ち着いた雰囲気にし、書斎コーナーを配置すること。 子供部屋を2つ確保すること。 収納スペースもたっぷり取ること等々…。 一方、1階は、広々としたLDKと和室から成るゆとりの空間配置に…。
そんなプランの背景にあったのは、ご主人の夢でした。 「LDKをめいっぱい大きくして、家族がゆったりと寛げる空間にしたかったんです。 そこで、水周りを2階に上げることにしました」。
それが、奥様が求められた機能性に、見事にマッチしました。 「共働きなので、毎日の家事をできるだけ楽にしたかったんです。 動線は効率的だし、室内干しも不可欠。 このプランは、まさに『家事楽』ですね(笑)」。
完成からちょうど1年。 四季を通して、I様はご新居を実感されました。 「快適そのもの。 太陽光発電のおかげで電気代が返ってくる月が多く、家計も助かります。 満足度120%ですね」。
こう語られたお二人の笑顔は、まるで夏空に大輪の花を咲かせた向日葵のようでした。

I様のご新居。白いキラテックタイル外壁が、街並みに映えます。屋根には3kWの太陽光発電を搭載。

ご主人の夢を実現した、1階の広々LDK。白を基調としたインテリアが、明るさと開放感を倍増。

2階の水周り。浴室から室内干しスペース、ベランダへと続く動線は、効率性&機能性抜群。

ご新居が建って、ちょうど1年。I様のご家族は、四季を通して快適さを実感されているそうです。

稲山 友紀(工事)・土井 慎吾(営業)・北尾 宝子(設計) (写真左から)

I様ご夫妻は、間取りから暮らし方に至るまで、ご家族の現在と将来をしっかりと見据えて、ご新居を計画されました。 その結果、ご家族にぴったりフィットする、理想的な住まいが誕生したのではないでしょうか。 現在、お子様はまだ3歳ですが、パナホームがお父様から親子3代にわたる住まいづくりのパートナーになれるよう、頑張りたいと思います。(土井)

分譲宅地&分譲住宅ギャラリールネッサンス或る二世経営者のホームページNPO法人 志澤塾
居宅介護支援サービス「フラワー居宅介護支援事業所しかま」訪問介護サービス「ヘルパーステーションはなはな」サービス付き高齢者向け住宅「ケアビレッジ飾磨高町」