今月のお客様インタビュー

平成25年にご新居を建築されたT様。パナホームを選ばれたのは、身近な方の評判、担当者の人柄とパナホームに対する安心感、そして、キラテックタイルの性能だったそうです。お引き渡しから約3年が経ちますが、「満足度は相変わらず」。そんなT様に、お話を伺いました。
「姉夫婦もそうですし、父の職場の方など、周りにパナホームで家を建てた人が多く、良い評判ばかり耳にしていました」と奥様。そんな背景もあり、T様ご夫妻は以前からパナホームに親近感を抱かれていたそうです。
そして、今から4年ほど前に住まいづくりを決意され、お二人はのぞみ野分譲地内にあったパナホームのモデルハウスを訪問されたのでした。「担当者の対応が親身で、ここなら任せられると思いました」とご主人。この時を境に、ご夫妻のお気持ちは親近感から安心感、そして信頼へと変化し、大きくパナホームに傾いていったのだとか…。
T様は、その後、現場見学会などにも積極的に参加され、ご新居のイメージを構築されていきました。「その中で一番惹かれたのがキラテックタイルです。開発から10年ほど経った分譲地に建てられたパナホームを見たのですが、周りに外壁の塗り替えをする家がある中で、キラテックの家は新築と変わらない美しさ。その差は歴然で、『これしかない!』と思いました(笑)」。
ご新居のプランニングにあたっては、奥様のお姉さまがT様を強力にサポート。「自身の体験から、住まいづくりのポイントを的確にアドバイスしてくれたんです。例えば、『リビング階段にして良かった。でも、暖房効率が悪くなるので、扉を設けた方がベター』とか、『パントリーを設ければ、キッチンが使いやすくなり、すっきりと片付く』とか…。おかげで、初めてなのに2軒目のように要望を出すことができ、理想の住まいを実現できました」と奥様。
一方、ご主人は広々としたリビングを希望され、それが叶って大喜び。「パナホームは、畳の間まで一体化できるプランを提案してくれて、さらに空間が広がりました。とても気に入っています」。
さて、そんなT様ですが、実は完成直前の満足度は90%だったとか…。「玄関の柱が、イメージしていたより気になったんです。そこで担当者に相談したところ、ポーチの下のステップを斜めに削って、視覚的な抵抗を緩和してくれました。それであまり気にならなくなりましたし、懸命な対応を見て、逆に将来の安心が増しました」。
一連の対応で、満足度も100%にアップ。T様のパナホームに対する信頼も、揺るぎないものとなりました。

T様のご新居。のぞみ野分譲地内にある「のぞみ野モデルハウスⅡ」をベースにプランニングされました。

広々としたLDK。白と黒を基調にしたコーディネートが、洗練された空間を演出しています。

ダイニングは陽だまりのようなスペース。温かく心地良い時間が流れます。

T様のご家族。お引き渡しから約3年になりますが、「満足度は変わらず100%です」。

清水成人(営業)・大道 忠(工事)(写真左から)

T様の周りにはパナホームのお客様が多く、皆様の評価が当社をお選びいただく大きな後押しになったと聞きました。満足度100%に向けた取り組みの積み重ねが、成功の輪を生み出したようで、とても嬉しく思います。これからもしっかりフォローして、T様のご満足を守り続けます。

分譲宅地&分譲住宅ギャラリールネッサンス或る二世経営者のホームページNPO法人 志澤塾
居宅介護支援サービス「フラワー居宅介護支援事業所しかま」訪問介護サービス「ヘルパーステーションはなはな」サービス付き高齢者向け住宅「ケアビレッジ飾磨高町」